MIYAKE ISSEY展:三宅一生の仕事

2016年3月16日 — 6月13日

国立新美術館

Section A : 会場風景、 グリッドボディ・インスタレーション:吉岡徳仁
Photo: Masaya Yoshimura

Section B : 会場風景、 グリッドボディ・インスタレーション:吉岡徳仁
Photo: Masaya Yoshimura

Section C : 会場風景、空間:佐藤 卓
Photo: Masaya Yoshimura

Section C : 「IKKO TANAKA ISSEY MIYAKE」、空間:佐藤 卓
Photo: Masaya Yoshimura

Section C:「素材」
Photo: Masaya Yoshimura

Section C:「A-POC」
Photo: Masaya Yoshimura

Section C:「132 5. ISSEY MIYAKE」,「陰影 IN-EI ISSEY MIYAKE」
Photo: Masaya Yoshimura

図録『MIYAKE ISSEY展:三宅一生の仕事』(求龍堂)、2016年
Photo: Yasuaki Yoshinaga

1970年から最新プロジェクトまで、三宅一生の全仕事を通して紹介するはじめての展覧会。主催は国立新美術館。展示はSection A、B、Cの大きく三つのセクションに構成。Section Aでは1970年代の仕事、Bでは、1980年から1985年まで展開された「ボディ」のシリーズを展示。Section AとBはグリッドボディ・インスタレーション:吉岡徳仁。Section Cは80年以降の5つのテーマで展示、体験コーナー、制作実演を交えて構成した。5つのテーマは「素材」、「プリーツ」、「IKKO TANAKA ISSEY MIYAKE」、「A-POC」、「132 5. ISSEY MIYAKE」と「陰影 IN-EI ISSEY MIYAKE」。「IKKO TANAKA ISSEY MIYAKE」のパートでは、独自のプリーツの制作プロセスをスタッフがプリーツマシーンを動かし、制作実演を行った。その他に、映像/音楽インスタレーションや映像ルームが設けられた。アートディレクション、Section C空間構成:佐藤卓。会期中は数多くのワークショップ、トークも開催した。



映像/音楽インスタレーション:

「《MAKING THINGS》2016」
コンセプト 中村勇吾

映像ルーム 5作品:

「三宅一生の仕事1960-2015」
コンセプト 中島信也
「時空を越えて」
高木由利子
「ビジュアル・ダイアローグ」
Pascal Roulin
「紙衣」、「ウォーターフォール・ボディ」
ブルードキュメンタリー 山中有

© THE MIYAKE ISSEY FOUNDATION

著作権等